land_top1

 

 

 

歴史ある伝統の可能性を求め、技術を継承し、

現代のライフスタイルに調和したものを生み出していくこと。

伝統工芸品の価値を、さらに高めていくこと。

そして、日本人の美意識を守りながら未来を作ること。

 

それが、LANDPROTECTのめざすモノ作りです。

 

 



shimamorisan
 

VOL.9 LANDPROTECT

 

漆塗り作家 

島守 宏和(しまもり ひろかず)さん 

昭和59年01月生まれ 

八戸市出身 

 

 

「つくり手」さんの想いを伝えることで、みんなの自分らしいモノ探しのお手伝いができればと思います。

「LANDPROTECT」の漆塗り作家、島守宏和さんにお話をお伺いしました。

 

 

 


interview

 

 

漆×真鍮 ピンバッチ
 

―LANDPROTECTさんの作品の特徴は?

 

漆塗りと金属加工、二つの工房を併設し、作品は漆塗り製品・金属製品(主にアクセサリー)そしてオリジナルブランドとして金属×漆の作品を制作しています。


津軽塗zippo オーダー作品
 

―このお仕事を始められたきっかけは何ですか?

 

高校時代、大学進学を進められ、当時 唯一興味のあったのがデザイン。デザインを学べる大学への進学を決意しました。デザインと言っても幅広く、いろいろなジャンルを体験する上で一番面白かったのが金属加工。工芸コースを専攻。そこで伝統技術に触れ、技術力や美意識に感銘を受け、将来は伝統工芸に携わる仕事がしたいと思いました。卒業後、弘前市の津軽塗後継者育成事業に参加し、4年間漆塗り・津軽塗の基礎を学び八戸市に帰郷。現在に至ります。


螺鈿ペンダント オーダー作品
 

―今のお仕事をされていて良かったと思う事は?

 

夢だった伝統工芸の仕事ができ、そしてそれが人に必要とされているということが実感できた時です。


津軽塗シルバーリング2
 

―ものづくりを行うにおいて、モットーやこだわっている部分はありますか?

 

現代のライフスタイルに調和したものづくり。技術のレベルを上げる努力をしながら、現代に通用するモノを模索しチャレンジすること。


菓子器
 

―漆商品を選ぶ上でのアドバイスなどあれば教えてください。

 

一目見ただけではあまり魅力が伝わらないかもしれませんが、そのものができあがるまでのプロセスや技術を知れば、また違った見方が出来るかもしれません。私自身津軽塗を実際に作る側に立つことで魅力を知った1人です。

 

 


event

 

 

 

A-LINEなど様々なイベントに出店されています。《上記写真》
 

八戸市にある工房の様子です。《下記写真》

 

 

 

 

 


items

 

 

サバッチ 鯖をモチーフにしたバッチ
 

 

サバッチ
鯖をモチーフにしたバッチ
 

 

 

 


津軽塗シルバーリング
 

 

津軽塗シルバーリング
 

 

 

 


津軽塗スマートフォンカバー
 

 

津軽塗スマートフォンカバー
 

 

 

 


津軽塗デザインリング
 

 

津軽塗デザインリング
 

 

 

 


津軽塗フリーカップ
 

 

津軽塗フリーカップ
 

 

 

 


津軽塗玉ピアス
 

 

津軽塗玉ピアス
 

 

 

 


流木オブジェ 黒
 

 

流木オブジェ
 

 

 

 

 

―最後に、この特集をご覧になられている方へメッセージをお願いします。

 

オーダーメイドでの制作を行っております。ご要望があれば当工房にお越しください。その際は事前にご連絡お願いします!
 

 

 


store

 

 

landstore

漆/jewelry工房 LANDPROTECT

 

青森県八戸市鮫町上盲久保22-81

連絡先:080-1829-4264

当工房にお越しの際は、事前にご連絡お願いします。

 

 

 

 

▲ものづくりTOPへ戻る

  • ポみっと!ストア
  • ショップセレクション
  • はくちょんツアーズ
  • おしえてはくちょん
  • ゲッティーズ
  • 今千里
  • 108AG
  • ブランデュー弘前fcサポートショップ/
 
waku2
pomitsumai_bunner2
line_sidebar

PAGE TOP ↑