ポみっと!イベントページ

shimokita hirosaki aomori tsugaru hachinohe kamikita

開催中

12
    no_image
    津軽
    シャガール「アレコ」全4作品完全展示

    会場:青森県立美術館 アレコホール

    開催日時:2017/04/25(火)~2021/03/31(水) ※予定

    お問い合わせ先:青森県立美術館 017-783-3000

    県立美術館では、マルク・シャガールの「アレコ」舞台背景画全4作品をアレコホールにて展示しています。
    県立美術館が所蔵する3作品に加え、今回、アメリカのフィラデルフィア美術館が所蔵する第3幕を4年間お借りし、2006年7月の開館記念展以来、11年ぶりに全4作品が勢揃いしました。

    三八上北
    鯉艸郷 ピザ作り体験2019

    会場:手づくり村 鯉艸郷(りそうきょう) 

    開催日時:2019年5月1日(水)~10月30日(水)  

    開催時間: 11:00~12:00  

    お問い合わせ先:公式HP http://risoukyo.com/  

    自分で作ったピザを石窯で焼いて食べよう
    米粉入り生地を練り、トッピングして、石窯で焼いて熱々のピザを食べよう! 美味しく出来上がるかな?
    ※4~5日前までに予約を。
    有料。1人1300円 ※別途要入園料

    津軽
    宵宮~弘前市

    会場:津軽一円 各神社

    開催日時:2019年5月11日~2019年10月10日

    お問い合わせ先:弘前市観光政策課 0172-35-1128

    津軽では氏神様の大祭前夜である宵宮を「ヨミヤ」と呼びます。
    約80にも及ぶ各神社の宵宮の日は、参道に多いところでは80を超える露店が並び、射的や金魚すくいなどを楽しむことができます。  

    弘前市の宵宮日程はポみっと特集ページに掲載! 特集ページはこちらから

    八戸
    はちのへホコテン2019

    会場:八戸市中心街

    開催日時:2019年5月26日~10月27日

    お問い合わせ先:はちのへホコテン実行委員会

    5月~10月(7月を除く)の最終日曜日、八戸市中心街(十三日町と三日町、ヤグラ横丁)のメインストリートを交通規制して行う「はちのへホコテン」が、今年もスタートします。

    津軽
    夏の展示「御鷹々々―息づく生命」

    会場:棟方志功記念館

    開催日時:2019年6月18日~9月23日

    お問い合わせ先:017-777-4567

    棟方志功の作品には獣や鳥、魚などの生き物が数多く登場します。それらは地を駆けるもの、空を飛ぶもの、水を泳ぐものといった姿で、躍動感あふれる生命が自在に描かれています。棟方はかつて「絵は絵空事である」と言い、写実に拠らない絵の花、鳥、獣、魚など多く描きました。そこには、「生命を知るということこそ、大事、大切なことです。生命の大切さ、大事さを知り抜く人こそ、輝かしく、あふれる、みなぎる力と、希望とを生命に託していける人でしょう」と書き記した棟方自身の心想いが潜んでいたことと思います。
    棟方は生きとし生けるものを分け隔てて愛おしみ、すべての命あるものに愛情を注ぎこみ、その姿を形に描きました。夏の展示では棟方志功が描いた躍動する生命をご観賞ください。

    津軽
    追手門広場フリースタイルマーケット

    会場:追手門広場

    開催日時:2019年7月21日(日)~10月20日(日)

    お問い合わせ先:

    2019年度の追手門広場フリースタイルマーケットを開催します!   

    開催日:
    2019年7月21日
    2019年8月18日
    2019年9月15日
    2019年10月20日
    ※雨天時は翌週に延期になります。  

    開催時間:10:00~15:00頃
    ※会場は駐車場が不足しますので、徒歩でのご来場にご協力おねがいします。  

    出店者募集については、弘前観光コンベンション協会HPをご覧ください。

    津軽
    ドキドキ!遺跡探検隊

    会場:三内丸山遺跡・小牧野遺跡

    開催日時:2019年8月1日(木)~9月23日(月) 三内丸山遺跡は第4月曜日が休業。(祝日の場合は翌日が休業)小牧野遺跡コースは2019年8月10日(土)~8月25日(日)の開催。9:00~18:00

    お問い合わせ先:株式会社タカラッシュ 03-3527-7701

    青森県青森市にある「特別史跡 三内丸山遺跡」と「史跡 小牧野遺跡」を舞台に、宝の地図から隠された宝物を探しだすリアル宝探しイベント。宝物発見で素敵な賞品が当たるチャンス!さらに、同時開催の青森県の縄文遺跡群をめぐるスタンプラリーに参加すると応募できる賞品が増えるので、宝探しとスタンプラリーを両方楽しもう!

    津軽
    第13回かかしロード280

    会場:国道280号線バイパス周辺(油川・奥内・後潟・蓬田・外ヶ浜・今別地区)

    開催日時:オープニングセレモニー
    9月1日(日)11:00~13:00
    油川市民センターにて

    お問い合わせ先:かかしロード280実行委員会(モリピアナガイ内)電話017-788-5656 FAX017-787-2654
    メール faxnagai@fol.hi-ho.ne.jp
    URL http://kakasi.tasukaru.jp/

    ついに、あの青森の大スターが、シンボルかかしに!!
    「かかしロード280」とは、青森市内と外ヶ浜地区を結ぶ国道280号線のバイパス沿いに、毎年、地元の園児や施設・各企業の方々が、その年話題となった人物を題材としたかかしや、人気キャラクターをモデルにしたかかしなど。個性的な手作りかかしを制作し、展示するイベントです。
    今年のシンボルかかし(高さ5m)は、青森の大スター「吉 幾三」さんに決定しました!!ご期待ください!シンボルかかしの製作者は、ねぶた師の北村蓮明さんです。また、歴代のシンボルかかし(ピコ太郎さん・松山ケンイチさん・淡谷のりこさん)3体は、油川市民センターに。昨年、話題にもなった梅沢富美男さんのシンボルかかしは、新青森駅へ。第8回かかしロード280のシンボルかかしである棟方志功さんは、現在、浅虫の椿館入口に展示しております。こちらへ足をお運びの際は、歴代のシンボルかかしめぐりもしてみては?個人・団体問わず、出展の募集もしております。表彰作品には、毎年豪華景品もご用意しております。夏休みの思い出に、ご家族・お仲間で工夫を凝らしたかかしを作ってみませんか?参加方法は、ホームページをご覧ください。

    下北
    日曜日はマグロだDAY2019

    会場:大間港特設会場(キュウレイ)

    開催日時:2019年9月1日(日)~10月27日(日)

    お問い合わせ先:日曜日はマグロだDAY実行委員会 (おおま温泉海峡保養センター)    0175-37-4334

    大間のマグロを大間で食べて頂きたく、 『日曜日はマグロだDAY』を今年も開催します! 大間のマグロ解体ショーは、 軽快なトークで笑いもたっぷりです! 解体マグロの即売・大間の特産品などの販売もいたします!
    開催期間9月1、8、15、22、29日 10月6、13、20、27日 (※開催期間及び時間は予定です。  今後、変更になる場合がありますの  で、おおま温泉海峡保養センターの  ホームページ等でご確認ください。)

    津軽
    島本彩 銅版画 個展 LINE UP MEMORIES

    会場:津軽こけし館

    開催日時:2019年9月7日(土)~10月13日(日)

    お問い合わせ先:津軽こけし館 0172-54-8181

    京都府在住、銅版画作家 島本彩氏の作品展示会。誰かに所有され、何かしらの思い出がしみ込んでいる“物”。物に宿る時間や記憶をテーマに、メゾチントと呼ばれる技法で製作した銅版画作品が展示される。

12

PAGE TOP ↑