ポみっと!イベントページ

shimokita hirosaki aomori tsugaru hachinohe kamikita

開催中

    no_image
    津軽
    シャガール「アレコ」全4作品完全展示

    会場:青森県立美術館 アレコホール

    開催日時:2017/04/25(火)~2021/03/31(水) ※予定

    お問い合わせ先:青森県立美術館 017-783-3000

    県立美術館では、マルク・シャガールの「アレコ」舞台背景画全4作品をアレコホールにて展示しています。
    県立美術館が所蔵する3作品に加え、今回、アメリカのフィラデルフィア美術館が所蔵する第3幕を4年間お借りし、2006年7月の開館記念展以来、11年ぶりに全4作品が勢揃いしました。

    津軽
    春の展示「海と山-故郷と旅-」

    会場:棟方志功記念館

    開催日時:2020/03/10(火)~2020/06/14(日)

    お問い合わせ先:一般財団法人棟方志功記念館 017-777-4567

    「今のわたくしに海、山の広い大きな世界をひらかせてくれたのは、津軽半島一周の因縁でありました。津軽の旅路の贈ってくれましたものを、いつまでもいつくしんでいます。」と棟方が回想する津軽半島一周の旅は、その後の作品に少なくない影響を与えています。 日本海、津軽海峡、太平洋と三方を海に囲まれ、八甲田や岩木山、恐山などの個性的な山で知られる青森に生まれた棟方にとって海と山の雄大な大自然は、天地のもろもろを含む森羅万象、生命の喜びまでも連想する大きな世界であり、生涯想い描き続けました。 春の展示では、故郷の海と山や、それらから想を得た作品、また、どこに旅をしても筆を走らせてしまう海と山のある風景を紹介します。

    津軽
    写真展 オードリー・ヘプバーン

    会場:東奥日報新町ビル3F New'sホール

    開催日時:2020年3月14日(土)~5月10日(日)
    10:00~18:00

    お問い合わせ先:主催 東奥日報社、東奥日報文化財

    20世紀を代表する女優、オードリー・ヘプバーン。妖精に例えられる可憐にして、華麗なその姿は、いまだに多くの人たちを魅了し続けています。本展は、ファッション・映画・プライベートの3つのテーマで構成し、スクリーン中をいきいきと駆け回る姿や日本ではほとんど公開されたことのないプライベートな姿まで、貴重な写真作品約150点を展示します。   

    入場料 一般・大学生900円
    中学・高校生500円
    ※小学生以下は無料  

    チケットはこちらから
    写真展「オードリー・ヘプバーン」

イチオシ情報

新着情報


rinkusyuu_bar top_rink_hiromaru
QRコード

PAGE TOP ↑