neco_top21

 

 

 

エコな石鹸を作っている猫の庭さん。

見た目も可愛く、使い心地抜群。

一度使ったらリピートせずにはいられない石鹸を製作されています。

 

猫の庭〜neconiwa〜

 

 



nekononiwa_
 

VOL.14 猫の庭〜neconiwa〜

 

石鹸作家 

小笠原 奈緒さん 

昭和55年12月生まれ 

函館市出身 

 

 

 

「つくり手」さんの想いを伝えることで、みんなの自分らしいモノ探しのお手伝いができればと思います。

「猫の庭」の石鹸作家の小笠原奈緒さんにお話をお伺いしました。

 

 

 


interview

 

 

interview1
 

―猫の庭さんの特徴は?

 

家庭から出る廃食油を使った、エコロジーな石鹸をメインに作っています。
廃油で作る石鹸というと可愛くないただの四角い石鹸を思い浮かびますが、
捨てられるものを可愛く素敵に変身させて最後まで使い切れるものを猫庭では作っています。

 


 

interview2
 

―ものづくりを始められたきっかけは何ですか?

 

私が石鹸を作り始めたきっかけは、雑貨屋さんで見つけた手作り石鹸と出会い、使い心地の良さに感動したんです。
石鹸のことを色々を調べていったら、肌の弱い妹や弟に使わせたくなりました。
これがまず、きっかけでしょうか(笑)
それから毎日、石鹸のことをネットで検索したり本を読んだりして益々虜になって今の猫庭があるんですね。
今の時代は便利なものに溢れていて、物が多くなるほど環境の負担も大きくなっています。
少しでも地球にやさしくシンプルな生活が出来るように猫庭は石鹸を作り続けます。

 


 

interview3
 

―今の活動をされていて良かったと思う事は?

 

自分の作った石鹸が誰かに喜ばれること、誰かの癒しになってくれていることが、作っていて本当に良かったって思います。
作っていて一番うれしいことです。

 


 

interview4
 

―ものづくりを行うにおいて、モットーやこだわっている部分はありますか?

 

自分の中のスローガンは『清く、正しく、美しく』です。
やはり、石鹸は使えば無くなってしまうものだけど美しい石鹸を作り続けたいです。
いつも心こめて石鹸を作っています。

 


 

interview5
 

―作品の特徴や取り扱い方などを教えてください。

 

手作り石鹸は、大変溶けやすいです。猫庭の石鹸もなるべく溶け崩れが少ないように油を配合していますが
市販品と比べるとすぐなくなっちゃいます。天然の保湿成分のグリセリンが水分を引き寄せてしまうからです。
なので、水気を切って保管してください。

 

 

 


event

 

 

 

夏の工芸学校など、様々なイベントでの様子です。販売の他にも、バスボム作りや練り香水を作るワークショップなども行っています。
 

 

 

 

 


items

 

 

item1
 

 

『風光る』
花粉症に良さそうなスッキリブレンド
 

 

 

 


item2
 

 

妖精カメオシリーズ

 

 

 

 


item3
 

 

『For you』
ミルクと蜂蜜の組合せ
 

 

 

 


item4
 

 

酒粕とオレンジの市松模様
 

 

 

 


item5
 

 

グリーンマーブル
 

 

 

 

 

 

―最後に、この特集をご覧になられている方へメッセージをお願いします。

 

猫の庭、石鹸作りに精進し皆様の笑顔が見れるよう頑張ります。
イベントも参加していくので、是非声をかけてください。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
 

 

 


商品お取り扱いstore

 

 

mino1

三ノ月舎 ラビナ店

 

青森県青森市柳川1-2-3 ラビナ2F

連絡先:017-774-3033

 

 

 

 

coa1

handmade雑貨店木a(こあ)

 

青森県弘前市外崎3丁目1-3

連絡先:0172-88-8989

 

 

 

 

▲ものづくりTOPへ戻る

イチオシ情報

新着情報


らーめんぶらり旅top ネイル特集-top 特集ものづくりtop はくちょんツアーズ ココロくすぐる雑貨とカフェと
QRコード
  • らーめんぶらり旅top
  • ネイル特集-top
  • 特集ものづくりtop
  • はくちょんツアーズ
  • ココロくすぐ る雑貨とカフェと
  • ブランデュー弘前fcサポートショップ/
  • リンク集
  • リンク集
  • kasai
  • 108AG
 
waku2
pomitsumai_bunner2
line_sidebar

PAGE TOP ↑